食とマーケティングを楽しみながら提供する

食のぐるり Enrichment of My Life & Food

第8回「さかなぴちぴち」イベントレポート

第8回さかなぴちぴちイベントレポート

気仙沼とつなごう~宮城・気仙沼の鮭(けせんぬまのさけ)~

今回のさかなぴちぴちは秋の旬真っただ中の“鮭”がテーマ。
今回はいつものさかなぴちぴちコンセプト「親子でさかなを楽しむ!」に加えて「テレビでは伝えない震災後、今の宮城・気仙沼を知ってもらおう」というもうひとつの目的もありました。なので“鮭”といえども北海道ではなく宮城・気仙沼の鮭。まさに遠洋から生まれ故郷気仙沼の川に戻ってきたところを定置網で捕えた鮭です。見た目も味も最高の鮭、それが宮城・気仙沼の鮭です。

開催日:2012年11月18日(日)/ 場所:神田屋鮨3階スペース(東京世田谷・桜新町)


さかなにさわろう!

今回のさかなぴちぴちはいつも以上に美味しくて楽しい料理づくりを親子で体験いただけるように考えました。今回のメインは美味しい鮭料理体験。料理は日本の旬を感じる家庭料理をてがけさせたら右に出る人がいない料理家・佐藤とも子さん(通称:真心(マコ)ママ、食のリビングサロンUCHI代表)の手によります。
宮城・気仙沼から届いたのは雄・雌2尾のりっぱな鮭。真心ママは大きな鮭をばっさりとさばき子供たちの目の前で雌鮭のお腹にあった筋子を取りだします。ここからは子どもたちの仕事。筋子をぬるま湯の中でほぐしてイクラの醤油漬けをつくります。「大人より子供の方が上手につくれるの、だから家では真心(佐藤さんの娘さん)の仕事」。「うちもそうしよう!(笑)」の声があがります。


料理をつくろう

今回のさかなぴちぴち、折角なので宮城の料理にもなじんでもらおうと宮城郷土料理のはらこめしとはっと汁をつくります。はらこめしは鮭の焼いた身とこどもたちが作ったイクラの醤油漬けを使いました。名前のとおり鮭の親子めし。ふたつの郷土料理に加え今回のメインはぴちぴちオリジナル”気仙沼サーモンバーガー“。 焼き鮭にキャベツソテーとチーズを添えてバンズではさみほうれん草のピューレと味噌マヨだれで味付けし思い思いの絵を描いたラッピングペーパーでひとつずつくるんでできあがり。鮭をバンズにはさむのも、くるんだペーパーの絵もひとりひとりの作品です。


さかなを知ろう

さかなのことを楽しく学ぶさかなクイズ「さかな博士になろう!」も今回で8回目。もちろん今回は「鮭博士になろう!」。今回はなんと事件が!会開始直前にいつもクイズを出題いただく関先生が体調不良で急きょ代役に愛弟子の岡和田さんにバトンタッチ。急な代役にも関わらず見事な愛弟子ぶりを発揮し、楽しい学びの時間になりました。「鮭は生まれ故郷の川に戻るのに何年間海で泳いでいるのでしょう?」「答えは6-8年、この鮭もそうですよ~」子供たちも親御さんも「ほ~~」。今回は全問正解者が2名!初めてご参加のお父さんと8回皆勤賞の小学生武田くん。お二人には賞状と子供たち作のイクラの醤油漬けが副賞で贈られました。おめでとうございます!


今の宮城・気仙沼

テレビでは伝えない今の宮城・気仙沼を都会の人に知ってもらう活動をされている栗山さんと高山さん二人の主婦に今回ご参加いただき皆さんに震災後の今をお伝えいただきました。栗山さんは気仙沼本吉町に住む姪子さんたちのこどもの目を通した震災の日そして今を作文に書いてもらい、それを読み上げました。高山さんは宮城の美味しい日本酒やご自身が書く震災を題材とした演劇台本を通して酒蔵の現状や宮城の現状をわかりやすく伝える活動をされています。テレビでは伝えきれない今の宮城の姿を生の言葉で聞き、集まった子供も親も様々なことを感じた様です。そしてその気持ちを感じたままにメッセージに書き、またその想いは現地へ伝えられます。現地の生な現状に集まった全員が凛とするとともに、栗山さん、高山さんの素敵な活動に多くの拍手が沸き起こりました。


さかなを食べよう

さあ、待ちに待ったランチタイム。子供たちが頑張ったイクラの乗ったはらこめし。小さな手で作ったサーモンバーガー、くるんだペーパーには思い思いの絵が描かれています。「いただきます!」の声とともにはらこめしもバーガーもすぐに食べ終わり「おかわり」「おかわり」の大合唱。一番たくさん食べた子は小学4年生の女の子、バーガー3個にはらこめし3杯。大人も顔負けですが、大人もみんなおんなじくらい食べてました。鮭は皮つき、バーガーの味付けはほうれんそうピューレ。3歳の子もパクパク。やはり美味しいものはみんなよくわかってる!そしてお酒好きのお父さんお母さんには高山さんが都内では手に入らない気仙沼の酒を振る舞い、大人も子供も上機嫌。





さかなを歌おう

美味しいランチで会も最高潮に達した頃おもむろにギターとパーカッションが登場。初お披露目のさかなぴちぴちテーマソングをみんなでいっしょに歌います!曲名は「ぴちぴちロック」(作詞・曲Tsutomu Eguchi、歌と演奏Tsutomu & Kiro )。軽快なアコギロックに乗って歌詞カードを見ながら全員で歌って踊って手拍子して、とってもハッピーなさかなぴちぴち第8回エンディングとなりました。みんなでいっしょの食卓で食べる、そしてみんなでいっしょに歌う、なんとも幸せな空間です。


会が終わってもみんな「ぴ~ちぴちぴち」とぴちぴちロックを口ずさんだ今回のさかなぴちぴち。軽快な歌に乗せて来年は宮城・気仙沼へとみんなの気持ちをつなぐ企画を考えています。そして次回は昨年大好評だった恵方巻に加えてなんと握り寿司もやろうとお寿司屋さんぴちぴち新春スペシャル企画中です。これからも「魚を楽しもう!」を合言葉に「さかなぴちぴち」頑張りますので応援よろしくお願いします!


~主催者プロフィール~

photo-sekiprofile-seki

photo-tokaharaprofile-taka