食とマーケティングを楽しみながら提供する

食のぐるり Enrichment of My Life & Food

第5回さかなぴちぴちイベントレポート

第5回さかなぴちぴちイベントレポート

こんかいのさかな「沖縄・伊是名島のモズク」

 

震災(しんさい)の影響で3月の開催予定(かいさいよてい)が延期、やっとお目見えの「沖縄・伊是名島(おきなわ・いぜなじま)のモズク」
をテーマにしたさかなぴちぴち。沖縄・伊是名島から新鮮(しんせん)な生モズクや沖縄のさかな、それに沖縄情緒(じょうちょ)を
たっぷりと東京・世田谷に運んでくれました。

開催日(かいさいび)2011 年9 月17 日(土)/ 場所:カフェ&ギャラリー・ピラタス(せたがやく・さくらしんまち)


さかなをあそぼう

オープニングは地元世田谷の用賀小学校(ようがしょうがっこう)のお友達によるエイサー。新宿エイサー祭りで小学校代表で踊(おど)る彼女たちのエイサーは
大人顔負け。チームを代表して参加してくれた4名のお友達のエイサーは息もぴったり。会に参加した沖縄の方々も大絶賛(だいぜっさん)。
楽しいオープニングになりました。
引き続いて、恒例(こうれい)のクイズ「モズク博士(はかせ)になろう!」
今回は多くの全問正解(ぜんもんせいかい)に大量のモズク博士が生まれました!
モズク博士がたくさん生まれたところに、紙芝居師(かみしばいし)山田さん登場。楽しいモズク紙芝居を披露(ひろうしました)。
会場爆笑(ばくしょう)の渦(うず)の中、楽しんでモズクのことに親しんだ瞬間(しゅんかん)でした。


さかなにさわろう!

沖縄・伊是名島から届いたた~っぷりの生モズクをつかみどり。なかなかつかむのむつかしいけどいっぱいつかんでおみやげに。
さわるのはモズクだけではありません。沖縄のさかなイラブチャー。まるで熱帯魚(ねったいぎょ)のような鮮(あざ)やかなその姿に
みんな目をパチクリ。オウムのような口をギャーギャーいいながら触(さわ)っていました。


さかなをさばこう

モズクは伊是名モズクの営業ウーマンちゅらゆ~なの近藤さんからのご提供。近藤さんの沖縄のお仲間(なかま)たちも
参加をしてくれて沖縄風お好み焼きヒラヤチーやモズクのたこ焼きを子供たちといっしょに楽しくつくってくれました。
もちろん鮮やかなイラブチャーもさばいておいしいから揚げに、お肉は鯛(たい)のような白身(しろみ)なんです!


さかなをたべよう

おひるは、みんなで作った沖縄の味にに舌鼓(したつづみ)。モズクの入ったたこ焼き、沖縄風お好み焼きヒラヤチー、もずくの天ぷら、
イラブチャーのから揚げ、ニンジンシリシリ、もずくのみそ汁。ニンジンシリシリは沖縄の代表的な家庭料理(かていりょうりです)。


ぴちぴち食育セミナー

初の試(こころ)み。こどもにもおかあさん・おとうさんにも楽しい関はるこ先生の食育セミナー。「「○○は嫁(よめ)に食わすな」の○○は何が入る?」
「秋ナス!」ひとりの男の子が元気にこたえる。なんとも楽しい食育セミナー。楽しんで食のこと旬(しゅん)のこと自然と頭にはいりました。


みんなのこえ

さいごに、参加(さんか)いただいた方々の声を紹介します。
「生のモズクつかむのむつかしい!」

「モズクはじめてたべた。おいしー!」

「エイサー踊れて、とってもうれしーー!」」

「伊是名って島、はじめて知った。」

「来月も来たい!」


~主催者プロフィール~

photo-sekiprofile-seki

photo-tokaharaprofile-taka